カテゴリー:book

長年の愛読本

IMG_3906
スーパーモデルブームが巻き起こっていた1996年に発売された
「スーパーモデルパーフェクト・ブック」。
好きな雑誌のひとつ「SPUR」の特別編集版。

1990年代後半を象徴しているモデルともいえる、
ケイト・モスとトリッシュ・ゴフがカバーに登場するあたりがSUPRっぽいと思う。

ドメジャーをいくなら、
リンダ・エヴァンジェリスタ、クリスティ・ターリントン、シンディ・クロフォードあたりだと思うから。
53618 images (1) cindy-crawfordhskincare

1990年代のモデルブームといえば、モデルがハリウッドセレブ並に注目されて、
シンディ・クロフォードはリチャード・ギアと結婚したり、
ケイト・モスはジョニー・デップと交際したりで
まさにモデル界のバブル期。
4_image_size_372_x _1_image_size_372_x

その頃は、岡山にいたのでリアルな雰囲気を肌で感じることはなかったけど、
地元にいながらそのブームに興奮した覚えがある。

その頃から大好きなケイト・モスがカバーを飾っている洋雑誌を見つけては
なけなしのお金で買っていたような……。

この本が発売された1996年はまだ14歳だから
なけなしのお金もなかったかも。

なにせ、当時の記憶はあいまいなので
あまり覚えていないけど……(笑)。

少なくとも「スーパーモデルパーフェクト・ブック」は、
発売当時に買ったわけではなく
古本屋さんで見つけて買った記憶がある。

高校生の私が買えるぐらいだから
100円とか、200円とかで売られてたのかな。

それを今でも読んでいるわけだから
十分元は取った!

20歳の頃、地元の大きな本屋さんでバイトをしていた時は、
社割で買えることをいいことに洋雑誌をたくさん買ってた。

Another magazine」が2001年に創刊した時、
「こんなおしゃれな雑誌が岡山でも買えるとは」と興奮した。

「Another magazine」は好きなモデルやセレブがカバーを飾っている時に
今でも買っている雑誌のひとつ。

どうしてこの雑誌の創刊を覚えているかというと、
ケイト・モスが当時交際していたパートナーが作った雑誌だから。

この頃の記憶は、自分の好きなものに紐づけられているから
ケイト・モスやスーパーモデルに関することならけっこう覚えている。

今、編集者として働いているけど
スーパーモデルと絡む仕事はない。

でもそれは残念というより、
むしろ趣味のひとつとして関わっているほうがいいと言えるかも。

私の現実逃避は3つあって……
1 漫画をひたすら読む
2 洋雑誌を眺める
3 妄想にふける

この「3 妄想にふける」のテーマのひとつは
1990年代に編集者として働いていたら……。

今、実際にスーパーモデルと一緒になる仕事があったら
このテーマでの妄想ができなくなる。

ただ……妄想の中でさえ、スーパーモデルと絡むような媒体では
働いていないところからすると
仕事にはしたくないのでしょう(笑)。

ビジネスではないからこそ
今でも好きなんだなーと思うしね。

 

 

 

(^_-)-☆

 

 

 

 

読書の秋になる予感

 

最近、家で本を読むことが多くなりました。
編集者という仕事をしていながら、ほとんど本は読まないので
とても珍しいこと(笑)。

特に小説は読みません。
以前は年に数冊は読んでいましたが年々読まなくなってきました。
今ではまったく読みません。
本屋に行っても小説コーナーには立ち寄らないほど。

なぜならば、著者の人柄が分からないまま作品だけを読むということに
抵抗感が出てきてしまい……

本を読むと言えば、もっぱら漫画です。
漫画は読書とは言わないかもしれませんが、
現実逃避のツールとしては最高です。

そんな私が最近読んだのはエッセイ本2冊です!
IMG_3661IMG_3661
IMG_3683IMG_3683
本屋で目に飛び込んできた”オージャス”というフレーズが気になった
「わたしが輝くオージャスの秘密」。

カバーデザインがかわいいと思った&山崎まどかさんの本を読んでみようと思って購入した
「自分整理術-好きなものを100に絞ってみる-」。

 

オージャスとは、アーユルヴェーダーの考え方で生命エネルギーと言われるもの。
アーユルヴェーダーに関しては、今まで読んだことがなかったので
とても興味深い内容でした。

オージャスは、生まれる時に母親から8滴を授けられていて
その8滴は減ることはないようですが、
それ以外のオージャスは日々の生活で増やすこともできるし、減ることもあると。

オージャスが多いほうが精神的にも健康的にもGOODな状態だから
日々の習慣、行動、食事などで増やしていきましょうという内容でした。

白湯を飲む、瞑想をするなど、
今すぐ取り入れられる、オージャスを増やす方法も収録されています。

アーユルヴェーダーだけではなく、世の中にはいろんな考え方があるので
いろんな考え方に触れることはいいことだと思っているのですが、
ストイックに取り組むことは向いていないので……
いいとこどりをしたり、その時の気分で取り入れてみたり、
気楽な感じで実践しています。

本を読んだ後は、感化されているので
その気分に自己陶酔しながら実践するのも楽しかったり。

 

「自分の整理術」は、啓発本のようなタイトルですが、
著者である、山崎まどかさんの好きなものが100項目登場し、
それにまつわるエピソードが収録されています。

好きなものを100に絞ることで
自分の脳内というか、自分自身を整理して魅力的な人になりましょうという感じ。
山崎さんのことが好き、興味がある、という方じゃないと楽しめないかも。
啓発本として捉えるとちょっと違います。

 

 

本を読む時は、テレビをつけたままが好きです。
次は、「旅する八百屋」を読む予定♪

 

 

(^_-)-☆

 

 

オーガニック熱継続中

 

最近の読書はオーガニックに関すること。
IMG_3368
「旅する八百屋」はこれから読みます。
楽しみ♪

 

 

(^_-)-☆

 

 

 

海外の雑誌

 

IMG_3262
IMG_3264
IMG_3269

最近買った洋雑誌。
3枚目は1997年のイタリア版ヴォーグ。
古い雑誌は、見つけたら即買いしちゃいます。

 

 

 

 

(^_-)-☆

 

 

 

読書

 

最近読んだ本。
IMG_3133
ファッションイラストレーターの森本美由紀さんの著書。

作品集を持っているぐらい好きなんです。
2009041202542820090412025428

 

 

 

(^_-)-☆

 

 

 

旅のおとも

 

今回の長野トリップのおともに選んだ本は
My Organic Note」著:神田恵美さん。
IMG_3023
まさに今回の旅にぴったりな1冊でした。

簡単に言ってしまえば……
オーガニックアイテム、食材を取り入れたライフスタイルの提案ではありますが、
本当に伝えたいのは精神的、気持ち的な部分。

著者である神田さんの考え方、ライフスタイルを通して
オーガニックな暮らしぶりのよさが綴られています。

 

 

ライフスタイルは人それぞれなので、
誰かと同じように取り入れることは難しいと思います。

直接肌に触れるもの、カラダの内側に入っていくものから
オーガニックを取り入れてみるとか……

自分の性格、ライフスタイルに合わせて
実践してみると実感も得やすいですし、
継続しやすいと思います。

私は”カラダにいいもの党”の一員なので(笑)、
(そんな党は実際には存在しません……)
スキンケアアイテムや食材など、
気になるものを積極的に使っています。

そんなふうに暮らしていたら
ジャンクフード好きな私が
ある時からまったく食べたいと思わなくなり、
「久しぶりに食べてみよー!」と思って食べてみても
おいしいと感じなくなりました。

意外とすぐ変化を感じられるのかもしれませんね。

ストレスフリーな生活は不可能に近いと思っているので
ストレスをいかにリリースしていくかだと思います。

オーガニックな暮らしは、
ストレスの解消法のひとつとして取り入れているという感覚。

新しい発見がいろいろあるので、
オーガニックが近くにある暮らしはとても楽しいです♪

 

(^_-)-☆

 

 

 

好きな雑誌

 

毎号必ず見ている雑誌はこの2誌。

IMG_2363 IMG_2364

 

Harper’s BAZAAR」と「GOSSIPS」。

 

「Harper’s BAZAAR」は、エディトリアルも美しいけど、

読み物がおもしろから好き。

今号の記事で気になったのは、

”ブロンド美女はみんなマドンナに敬意を示すべきよ”という内容のもの。

文章が短すぎて、

結局、なんで敬意を示すべきなのかが分からないまま終わってた(笑)。

 

そして、「GOSSIPS」は、

セレブ好き、ゴシップ好きには欠かせないよねってことで

創刊からチェックしています。

ファッションやビューティ企画もあるけど、

気になるのは断然ゴシップ!

ココイチ気になっているのは、

ナタリー・ポートマンがジャクリーン・ケネディの伝記映画で

ジャクリーン候補に挙がっているってネタ。

実現してほしいっ!!

 

 

セレブつながりで……

担当した書籍「150cm台セレブのファッション・ルール」が

5月25日に発売されます。

ぜひ見てね♪

 

と、宣伝で終了……。

 

 

 

 

(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ水を飲むだけで太るのか?

 

IMG_2260

5/7発売の「InRed」の取材で訪れた

渋谷セントラルクリニックの院長の著書

『なぜ水を飲むだけで太るのか?』がおもしろい!

 

アンチエイジング治療をメインで行っているクリニックなので

”太る=老化”という切り口でまとめられています。

 

ダイエットだけではなく、

疲れやストレスなど、すべてのことにおいて

ホルモンが関係してくることは知っていたので

最近、ホルモンのことが気になっていました。

 

女性ホルモンや男性ホルモンだけではない

すべてのホルモンの役割がよく理解できました。

 

最近読んだおもしろい本です♪

 

 

(^_-)-☆