【ビューティ】人は見た目が9割のうち、7割は髪の毛の印象

私たち姉妹が気になることを発信する「KIRA CLOSET journal」。
ひとり1本は当たり前の美容アイテムでもあるヘアアイロン。
今回は、そんなメジャーアイテムについて姉がお届けします。

———————————————————————-

ついにアイロンデビューです♪

 

IMG_5952

 

ヘアアイロンは何本持っていますか?
1本、もしくは、それ以上持っている人もいるかも…。
実は、私は0本です。

というのも、パーマがなかなかかからないほど、
クセのつきにくいストレートヘアのため、
今まで、髪の毛をセット習慣がありませんでした。

そして、ハネていても、ボサボサでも
あまり気にしない性格のため、
言ってしまえば、無法地帯なヘアスタイルだったわけです。

でも、よく妹に言われることがあります。
「人は見た目が9割。そのうちの7割は髪の毛の印象だから」と。
た、確かに…。
身だしなみとしても、気を遣うべきパーツですよね。

でも、どんなアイテムを取り入れるのがいいのだろうかと。
そんなことを思っていた時に、仕事を通して出会ってしまいました。
すっかり遅くなりましたが、ヘアアイロンデビューです。

 

シリーズ累計150万本超え「アゲツヤ」から登場

アゲツヤ コームアイロン ¥2,980 問い合わせ:ローネジャパン ラスタEC事業部 ☎045-226-2517

アゲツヤ コームアイロン ¥2,980
問い合わせ:ローネジャパン ラスタEC事業部 ☎045-226-2517

 

ヘアアイロンデビューで選んだのは、
アゲツヤ コームアイロン」。

agetuya/アゲツヤ」と聞いて
ピンッときた人もいるのではないでしょうか。
そうです、シリーズ累計150万本超えの
ヘアアイロンブームの一端を担ったブランドです。

その「アゲツヤ」が作ったんだから、
“確実に使えるヘアアイロン”であることは間違いないわけです。

その「アゲツヤ コームアイロン」の特徴は、
究極のストレートヘアを作れること。

ヘアサロンでブローしてもらった時は
自分でも「パーフェクト!」と思うほど、
ヘアスタイルはキマッているわけです。

でも、美容師さんに教えてもらった通りにブローしてみても
「なんか違う…」と思ったことありませんか?

そんなフラストレーションを解決してくれるのが、
この「アゲツヤ コームアイロン」なのです。

 

画期的な「アゲツヤ コームアイロン」
IMG_5879

その1 ブラシとアイロンが一体化しているから時短!

ストレートスタイルを作る時、
ブラッシングをしてからヘアアイロンを取り入れることがほとんどですよね。

「アゲツヤコームアイロン」は、
コーム型加工の特殊プレートを採用しているため、
髪をとかすように使うだけで、
ナチュラルなストレートヘアが完成するんです。
スタイリング時間は約1分…と、かなり時短!

さらに、毛先にくるんとワンカールを作れます。

 

その2 不器用さんも、初心者さんも安心して使える設計

熱を持つプレート部分に直接触れない設計のため、
ショートヘアの短い襟足や顔周り、
前髪のセットにも安心して使えます。

「ヘアアイロンを使うたびに火傷する…」という不器用さんも、
私のように、「ヘアアイロンを使ったことがない」という初心者さんも
これなら取り入れやすいですよね。

 

その3 マイナスイオンが出てます!

ヘアアイロン=髪が痛むというイメージは、
どうやらもう古いらしい…。

それもそのはず、「アゲツヤ コームアイロン」は
プレートに挟まないから、高温でも髪への負担が少ないのです。

さらに、マイナスイオンが出ている特殊プレートを採用しているから、
髪の毛1本1本をコーティングしながらキューティクルを保護。
熱によるダメージを大幅に緩和してくれます。

 

その4 ハイスペックで使いやすい

120~220℃までと、6 段階の温度調節が可能だから、
自分の髪質に合わせてスタイリングができるのも魅力。
そして、セラミックヒーター搭載で素早く起動し、
約60秒でスタイリングができるというスピーディさ!

本体とコードが360度回転するからコードがねじれる心配もないし、
海外電圧にも対応しているから旅先に持っていくこともでき、
至れり尽くせりなヘアアイロンなんです。

しかも、ロープライス!
ハイスペックなのに、ロープライス!!(2回目)
嬉しい限りです。

 

なんとも贅沢なヘアアイロンデビューとなりましたが、
“人は見た目が9割。そのうちの7割は髪の毛の印象”をスローガンに
「アゲツヤ コームアイロン」で、
いつでも美しいストレートヘアをキープしようと思います♪

 

 

 

KIRA CLOSET journal
Seiko Kigawa/木川誠子