【レシピvol.1】たっぷり押麦のパスタフレッド

 

私たち姉妹が気になることを発信する「KIRA CLOSET journal」。
今回は、木川食堂より「押麦のパスタフレッド」の
レシピをご紹介します♪

——————————————————————————————————————————

Processed with MOLDIV

たっぷり押麦のパスタフレッド

 

【材料(4人前)】
押し麦 3袋(約150g)
トマト 1個(プチトマトでもOK)
モッツアレラチーズ 1個(約100g)
バジルの葉 3枚
きゅうり 1/2本
ツナ缶 1缶
ケッパー 大さじ1
種なしオリーブ 10個(ブラックでもグリーンオリーブでも◎)
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ3
粉末だし 小さじ2
塩・こしょう 適宜
レモン果汁 お好みで

 

【作り方】
➀鍋にたっぷりの湯を沸かす。沸騰したら押し麦を入れて強火で20分ほど茹でる。
流水で冷やしながらしっかり洗い、水をよく切っておく。

➁トマトは2cm角に、キュウリはひと口大に切る。
モッツアレラチーズは水気を切って一口大に切る。オリーブを細かく切る。

➂ボウルに ➀と➁、ケッパー、ツナ缶(汁も)を入れる。

➃粉末だしとレモン果汁、エクストラバージンオリーブオイルを加えて、
全体をざっくりとかき混ぜる。

➄細かくちぎったバジルの葉を加え、塩・こしょうで味をととえる。
冷蔵庫でしっかり冷やして出来上がり♪

 

Processed with MOLDIV
パスタフレッドと、メニュー名にパスタとつきますが、
実はパスタは使わず、
麦や野菜で作る、イタリアの家庭メニューです。

麦と言ってもいろんな種類がありますが、
木川食堂は押麦を使うのがスタンダード!(個包装タイプを使用してます♪)

その押麦と夏野菜を混ぜ合わせるだけでできる
簡単メニューです。

味の決め手となるケッパーやオリーブですが、
ワインが好きという人は、
お好みでどちらかの汁を小さじ2ほど入れてみてください。

酸味が高まり、
冷えた白ワインによく合います。

そして、完成後に冷やす時間がない時は、
茹でた押麦を含む食材を事前に冷やしておけば、
出来上がった後、すぐ食べられます♪
しっかり冷えていたほうがおいしいメニューなので、
少しでも冷やしておくのがベター。

最後に盛り付けについて☆

押麦から盛り付けてからその他の材料を重ねていくと
フォトジェニックな仕上がりになります。

ただし、すべての材料が絡まったほうがおいしくいただけますので
食べる時はしっかり混ぜ合わせてくださいね。
Processed with MOLDIV
さっぱりとした爽やかな味わいなので、
食欲が落ちがちな夏にも食べやすいメニュー。
ぜひ、作ってみてください♪

 

 

 

KIRA CLOSET journal
Akira Kigawa/木川あきら